小心者の独り言

田舎の小心者の独り言

*

高山忠利(肝臓外科医)のプロフィールなど!経歴・大学・年齢や論文を調査?

   

スポンサードリンク

5

9月28日(月)の夜10時から

放送されるプロフェッショナル

肝臓外科医高山忠利さんが

特集されます!

今回はそんな高山教授の

プロフィールや経歴などを紹介したいと思います!

1

高山教授のプロフィール

高山忠利(たかやま ただとし) 60歳

出身  東京都

高校  日本大学第二高等学校

大学  日本大学医学部

経歴

1984年:日本大学大学院医学部研究科修了

1987年:国立がんセンター中央病院外科チーフレジデント

1989年:同病院外科医員

1995年:同病院外科医長

1995年:東京大学医学部第二外科講座講師

1996年:同講座助教授

1997年:東京大学大学院医学系研究科肝胆膵移植外科学助教授

2001年:日本大学医学部外科講座外科3部門教授

2004年同講座消化器外科部門教授

いやー輝かしい経歴ですねー

そして、1994年には世界初

肝尾状葉単独切除に成功し「高山術式」を

確率したそうです!

肝尾状葉単独切除がどれほどすごいのかは

素人の私にはわかりませんが、

これまで不可能とされていたそうです!

まぁ世界初で、自分の名前がつく術式を

確率したというのは相当すごいことではないでしょうか!

スポンサードリンク

過去の論文は?

高山教授の過去の論文は

  • 三種の神器(2010年)
  • Evidenceのすすめ(2003年)
  • 論文のすすめ(2002年)
  • 無作為化のすすめ(2004年)
  • 黄金率(2007年)

中身も少しみましたが、

難しすぎてバカな私には

さっぱりでしたwww

興味がある方はこちらをご覧ください!

高山教授の論文

年間250件以上の手術に執刀する!

肝臓がんで国内では毎年3万人もの

人が亡くなっているそうです!

その中、高山教授は

年間250件以上の手術に執刀されているそうです!

1年間が365日なので、平日はほぼ毎日

手術していることになりますね!!!

しかも、患者は全国からほかでは

治療が難しいと言われている人ばかりだそうです!

そして、患者の5年生存率は64%

全国平均で7%も上回っているそうです!

そして、今までに3500人もの患者の命を

救ってきたそうです!

難しい人ばかりでさらに5年生存率も高いとなると

まさにゴッドハンドですね!

高山教授の手術は出血量を最小限に抑えるために、

微細な血管に至るまですべてを糸で縛りながら

腫瘍を切除していくそうで、精緻な技術と

膨大な手間を要するが、平均出血量は

一般的な手術の3分の1に抑えられ、

肝不全のリスクが低減されるそうです!

そして、術後の回復も圧倒的に

早くなるそうです!

自分が患者だとすると

こういうお医者さんに

手術してほしいですよね!

番組ではその高山教授の

手術に対する姿勢なども

わかると思いますので、

楽しみに見たいと思います!

 - プロフェッショナル

  関連記事

増田
増田宗昭【TSUTAYA(ツタヤ)社長】の年齢・大学・経歴や資産・年収などを調査!

今回は、10月19日に放送される プロフェッショナル 仕事の流儀に出演される 起 …

①
名和利男(サイバーセキュリティ技術者)の大学・経歴などWiki情報!

9月14日に午後10時~10時48分に プロフェッショナル 仕事の流儀 「不屈の …